• 散骨が選ばれる理由とは

    日本では多くの場合、火葬を行ってから故人の遺骨を拾い骨壺へと納めます。



    さらにその骨壺はお墓へと納められます。

    従来は火葬からお墓へと遺骨が納められていましたが、最近ではこのような方法を選択しない人々もいます。火葬をしない人が選択するものには散骨があります。

    散骨とは海や川、山などをはじめとして骨を自然に還すというものです。


    陸地の場合は条件や厳密な指定がある場合もありますが、それをクリアすれば大自然の一部として自然に還ることができるのです。

    共同通信社が最近こちらで話題になっています。

    散骨が選ばれる理由はいくつかあります。海や山などの自然が好きであったため、最後は好きな場所で眠りたいという理由やお墓の管理で子供や親族に迷惑をかけたくないという理由、お墓にお金をかけたくないなどの理由があります。

    散骨の情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

    特に現代では少子高齢化が進んでいるため後継者問題が大きく、お墓を購入しても手入れが行き届かないと心配する方が多いと言えます。

    さらには暗いお墓の中で最期を迎えたくないと考えている人、すべての生物と同じように自然に還ることがいちばんだと考えている人も居ます。このように様々な価値観や理由から散骨を希望する人がいるのです。
    そうは言っても従来のように、火葬をした後お墓に遺骨を納めてほしい、納めてあげたいと考えている人が多いことも事実です。


    散骨にはメリットもありますが、故人や遺族が希望する際は、故人も遺族もどちらも納得ができるような選択を行うようにしましょう。