• 散骨を行う為の準備と分骨

    散骨は、現代社会のイスラム教とキリスト教の様な争いも無い為宗旨宗派を問わず行う事が出来、仏教の様に遺族が金に物を言わして購入した戒名で死後も差別されること無く、大いなる自然に回帰する素晴らしい葬送方法です。



    しかし、日本では感染症法や墓地埋葬法により長く行われていませんでしたが、経済的不況により急激に増加しています。
    散骨自体は、埋葬の様に許可書の必要性も無く非常に簡単に行えますし、一度墓地に埋葬してからでも地方自治体発行の改装許可書があれば遺骨を散布する事が出来ます。

    YOMIURI ONLINEに関する有益な情報が満載です。

    散骨は、故人の遺志に従って火葬後直ぐに行うのも供養になりますが、遺族だけでは無く親族の同意を得てから満を持して行う方が後々の相続などに影響せずによりベターとされています。散骨は、基本的に故人の存在を示す物が無くなってしまうので、散布場所に関しては注意深く選択する必要性があります。
    通常は家庭に仏壇があり、仏壇に故人がいるイメージで生活をしますが、散骨は遺骨の散布場所に故人がいるイメージとなるので、特に未亡人は精神的に不安定になる事が多い事に配慮して、散布場所は比較的短時間で行く事が出来る様な場所非常に好ましいとされています。



    しかし、故人の遺志が海外の赤道直下の美しい海域や1年中数多くの観光客で賑わう世界遺産、宇宙空間などに粉骨した遺骨を散布する場合には、粉骨した遺骨の一部を手元供養用の骨壷に分骨して供養するケースがほとんどです。