• 散骨が選ばれている理由

    昔から「自分が死んだら骨はその辺に撒いておいてくれればいい」と言う人は多いです。
    少し前まではこのようなセリフは冗談として扱われ、実際に亡くなったときは火葬が行われ遺骨は骨壺に入れられてお墓に納められていました。

    しかしながら、現在ではこのセリフが実現できるのです。



    お墓への埋葬に限定しない自然な葬送の形として散骨が広まっています。
    散骨は1990年代から徐々に知られてきましたが、メディアなどの活発化によりここ数年でその知名度はかなり高いものとなってきました。馴染みがない方のほうが多数だと思いますが、実際にこのような方法の葬送を選ぶ人の意見としては、最期は自然に還りたい、お墓の承継が困難だから、思い出の土地で眠りたいから、亡くなった後家族に金銭的な負担をかけたくないからという理由がほとんどです。
    また散骨と言ってもいくつかの種類から選べる点も人気の理由であると言えます。

    @niftyニュース情報が手に入ります。

    ポピュラーな海洋や山に撒く以外にも寺院の樹木の近くで行うものやバルーンで成層圏に骨を撒くもの、宇宙での散骨などがあります。
    もちろん自治体の規制や条件、場所の指定などはありますが、比較的自由に行うことができます。

    最近では自然に還す方法を選ぶ人が増えている中、やはり今まで通りお墓に納めてほしい人や骨を撒いてほしくない人も居ます。

    散骨を検討するのであれば、故人の意思と遺族の思いの両方の側面から考えて、双方が納得できる形の葬送を行うと良いでしょう。