• 自然葬送として注目されている散骨

    亡くなった人の葬送は国や地域、時代によって異なります。日本で亡くなった人は古来では古墳に、現在ではお墓に埋葬されています。

    現在の埋葬方法としては、火葬後に遺族などが骨壺に骨を拾い、その骨壺をお墓に埋葬するというものです。


    しかし、近ごろでは自然な葬送が注目されるようになってきました。

    自然葬送の代表としてあげられるものに散骨があります。

    これは名前からわかると思いますが、亡くなった人の遺骨を撒くというものです。
    もともとは1990年代ごろに提案された葬送ですが、近頃は自然に還りたいと願う人や従来の慣習にとらわれない自由な方法で眠りにつきたいと考える人が増えたため、注目されるようになってきました。
    散骨と言ってもその方法はひとつではありません。海や川、山に骨を撒くポピュラーなものに始まり、海外やふるさとなどの思い出の地に撒くケースもあります。

    散骨に関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

    バルーンやヘリコプターを使用することで陸や海洋ではなく空に撒くことも出来るのです。

    @niftyニュースについて興味がある方にオススメのサイトです。

    さらに最近では一部だけにはなりますが遺骨を宇宙で散骨できるというプランもあります。


    ですから、自然に還りたいと考える人以外でもロマンのある方法で最期を迎えたいと考えている人が選ぶケースもあります。

    亡くなった芸能人の中にも散骨を行った人はかなり多いです。



    お墓の継承問題がない、費用が安いなど現実的な面でも魅力がたくさんありますので、自然葬送が気になる方は散骨による葬送を検討してみると良いでしょう。