• 散骨を行うことのメリット

    日本では火葬が一般的であり、故人の遺骨は骨壺に入れてお墓へ納めます。しかし、最近では遺骨を自然に還す方法を選択する人も増えています。
    これは散骨と呼ばれお墓に限定しない自然な葬送の形として話題となっています。



    散骨を行うことにはいくつかのメリットがあります。
    まずは費用面で安く済むということです。
    お墓から購入するとすれば安く見積もっても100万程度は費用が掛かります。
    一方、自然に還す場合は多くの場合20万円ほどから可能となっています。
    そのため遺族の金銭的負担を減らしたい方が自然に還す方法を選択するケースも多いです。
    次に後継者の問題がないというメリットがあります。



    現代は少子高齢化、核家族化が進んでおり、お墓を購入したとしても、後々誰がお墓の手入れを引き継いでいくのかという問題があります。その点、散骨ですとお墓の手入れも必要なく後継者がいなくても安心だと言えます。

    さらには生前からの希望を叶えられるというメリットもあります。

    エキサイトニュースに関するお役立ちコンテンツ満載です。

    暗いお墓の中に納まるのは嫌だ、海や山が好きだから最後はそこで眠りたい、骨だけでも最後は海外に行きたいなどという希望を持っている方は意外と多いです。

    散骨であればこのような希望が叶えられるというわけです。

    もちろん、従来通りお墓に納めてほしい、納めてあげたいと考える方も多いです。散骨を選択する場合でも、意見や価値観の違いを考慮した上で、故人や家族が納得のいく最後となるようにしましょう。


  • 基礎知識

    • 日本では多くの場合、火葬を行ってから故人の遺骨を拾い骨壺へと納めます。さらにその骨壺はお墓へと納められます。...

  • サポート情報

    • 散骨は、現代社会のイスラム教とキリスト教の様な争いも無い為宗旨宗派を問わず行う事が出来、仏教の様に遺族が金に物を言わして購入した戒名で死後も差別されること無く、大いなる自然に回帰する素晴らしい葬送方法です。しかし、日本では感染症法や墓地埋葬法により長く行われていませんでしたが、経済的不況により急激に増加しています。...

  • 大事な社会の事

    • 亡くなった人の葬送は国や地域、時代によって異なります。日本で亡くなった人は古来では古墳に、現在ではお墓に埋葬されています。...

  • 納得の真実

    • 昔から「自分が死んだら骨はその辺に撒いておいてくれればいい」と言う人は多いです。少し前まではこのようなセリフは冗談として扱われ、実際に亡くなったときは火葬が行われ遺骨は骨壺に入れられてお墓に納められていました。...